先日、メルカリで現金が売られていてニュースになりました。

今は現金の出品は禁止されています。

例えば、1万円が1万2000円で売りに出されていました。

「誰がそんなもの買うんだ?」って?

買う人はいますよ!

それは借金で行き詰まっている人です。

これを買えば、とりあえず1万円の現金が手に入り、生活費や返済に使えます。

もちろん、後日1万2千円が引き落とされるので、2千円の損です。

でも、とりあえず今日1万円を手にできるかどうかが、こういう人には死活問題なのです。

これは「クレジットカード枠の現金化」というのと原理が同じです。

クレジットカードで1万2000円の商品を買って1万円で買い取ってもらえば、2千円損するけれど1万円の現金が手に入る。

あるいは「チケット金融」とも同類です。

あるチケット屋で1万2000円の新幹線のチケットを10日後の後払いの約束で買います。

その店とグルの別の店でチケットを1万円買ってもらうと、現金1万円が手に入ります。

しかし、10日後には12000円を支払わなければなりません。

みんな表面的な手口は違いますが、本質は同じです。

闇金の手口と解決法を勉強して、引っかからないように注意してください!

カテゴリー: 未分類